20.恐怖の歯科医院

 その昔ある大学病院の歯科は、いつもとはまったく違う騒然とした雰囲気に包まれていました。患者として来ていたママは、慌ただしく器具やカルテを整えたり、助教授の指示を仰いだりするインターンの先生達を見て、どうしたのかと思いました。
 程なくして「財前教授の回診です!」(古いんだってば) のような声が掛かり、広い部屋の中は嘘のように静まり返りました。
 ママは歯科用椅子に横になっているし隣のブースとはパネルで仕切られているので、向こうの様子は見えません。だんだん近づいて来る大勢の足音だけが響いて来ます。やがて頭の上で「この患者さんは?」などと誰かが言って、説明をするママの担当の先生の顔が、極度の緊張に引きつります。そして次の瞬間、ママも引きつってしまいます。
 「ちょっと見せて下さいね~」と突然目の前に現れた教授は、キューピーさんをジジィにしたみたいなおっさん!?
 真面目な医学用語の会話が続く中、ママは涙目になりながら笑いをこらえました。何とかやり過ごしましたが、ファンキーな顔の方が歯医者さんなのはどうなんでしょうか? (今はどの医院でも顔にタオルなどを掛けてくれますよね)
 ちなみに本文と写真には何のカンケイもありません。

 手の大きい人も困ります。ママが以前に診てもらった先生はすごく大柄。
 奥歯のチェックに手を突っ込むとママは「ほげーーっ!!」さらに奥を診るので白目をむいて「うえぇぇぇっっ!」二度と行きませんでした。

 いずれにしても歯医者さんは皆ヒアリングの天才です。
 「大丈夫ですかー?」「はいほふふら はりはへん」「痛いですか?」「はがが かふいんへふ」「どうぞー。鼻かいて下さい」そもそも口に器具を突っ込まれている人に質問をするのは何故なんでしょう。

 猫も歯を磨いた方が良いそうですが、ゴンゴン達がかじったり舐めたりしてるのは、実は掃除用のブラシなんです。これでも少しは効果有るんですかねー?

2016-11-11 20:00 

20.恐怖の歯科医院」への9件のフィードバック

  1. 猫さんたちの歯磨き、した方がいいと本には書いてあるんですけど
    「はい、どうぞ。あ~ん」なんて当然してくれるわけもなく
    歯磨きができるおもちゃなるものを頑張って齧らせてますが
    ほとんど興味なさそうです(^^;)

  2. 歯磨きは難しいんですよ。まだ若いのでいきなりやらなくても大丈夫です。でもほんのちょっとで良いので、お口の中に指を入れる練習はして下さい。
    嫌がるところをさわれる様にしておかないと、怪我や病気になった時、状態を確かめられないのです。子猫のうちからいろんな場所を触りまくって慣れさせるのが大事です。

  3. なーるほど、そんなファンキーなお顔の先生、笑いをこらえるのに大変だったでしょう。(^O^)
    今私は大阪大学歯学部附属病院(国立病院で、大阪で一番です)に通っているのですが、昔の大学病院とは違ってすごく親切で、先生方も若くてハンサム&美人が多いです。私の担当の方も、美人で親切。変わりましたね~。=^_^=

  4. 追伸:猫さんたち、ちゃんと歯磨きさせてくれるのでしょうか。

  5. 確かに大学病院の対応は親切になっていますね。相談しやすい先生が良いです。
    猫達歯磨きはムリですー。写真の3匹は”ブラシをかじる遊び”が好きなだけで、他の子はブラシを口に入れるのも断固拒否します。ほとんどのおうちでは歯磨きできないのではないでしょうか。

  6. わたくしは大学病院の大名行列で、モルモットの気分を味わいました。
    そんな状況で笑いを堪えるなんて、大物です、、カトちゃんぺっ。

  7. 大学病院では患者全員がモルモットですね。医学に貢献するため我慢しまひょー。
    しかし笑いを我慢するのはなかなかツライものなのですよ〜。

  8. テオットは歯医者さんで「ふくらはぎが腫れたんです」と言って 歯医者さんが笑いをこらえました

  9. にゃんですかそれ〜?? 私も笑いをこらえてますが、診てもらえたのでしょうかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中