34.猫飼いベストドレッサー

 若い頃は美しくなるのが目的だった化粧が、40代になればアラ隠しの為になり、50代になると、ほとんど特殊メイクの域にまで到達しています。メイクをしないと眉毛が薄くなっているので、ヤンキー女の成れの果てにしか見えません。
「昔は美人だった」と言い張っているママも、今ではパパと、鏡餅のような立派なお腹を張り合う毎日。年を取るにつれ似合う服が無くなり、似合うかどうかではなく、着られるかどうかが大問題。(前は似合う服が有ったのかという素朴な疑問をお持ちでしょうが、本人がそう思うかどうかの話です)

  猫飼いは黒い服を着ません。素材感はツルツルが良いです。毛だらけになります。我が家にはチュバチュバをせがむ猫が2匹居るので、抱っこして指をしゃぶらせるとヨダレだらけにもなります。 
 下は自分のアンヨをチューチューするゴンゴン。ブクブクとヨダレ泡を吹き出すので、ママのシャツはベットベト(あーきったない)

 ハーブの髪染めをした後は、髪の毛もベチャベチャに舐められます。特にゴンゴンはハーブジャンキーです。葉っぱに目がないアブナイ奴です。頭にしがみついてニッチャクッチャと咬み、振り払っても何度でも跳び付いて来ます(しつこい! ) 髪の毛をヨダレでグチョグチョにしながら、猫を乗せて歩く姿は人に見せられません。

 化粧水も、もっちりプルプルとか吸い付くような肌にとか、そそられる謳い文句が書いてあったら使えません。顔に猫毛が張り付くからです。老眼の目を凝らして何とかつまみ取っても、またすぐに張り付き、すごくかゆくなります。
 7匹も猫がいたら家中に毛が飛んでいるんです。ママがお掃除をサボっているせいではありません。ママは目に付く所はちゃんと掃除します。あとは見ない振りして済ませてるだけです。

 結局お洋服は、完全インドア派であっても、アウトドアブランドがベストです。汚れてもザブザブ洗えて、ひっかかれても裂けません。たとえダサイと思われても、ママにはユル〜イ服が良いんです。

2016-12-02 18:48 

34.猫飼いベストドレッサー」への6件のフィードバック

  1. タンスの服は裏返しにしてハンガーにかけています 少なくとも表側に猫毛が付くのは(多少は)防げます

  2. なるほどー。着る時に表にすれば良いのね。
    猫毛は払っても払っても付いていて、礼服が必要な時などすごく気を使います。
    “発生装置”の方は止められないので人間の方が対策するしかないですね。

  3. 僕は太っているので少しでも細く見える黒や紺が多いのですが
    確かに猫毛がすごくつきます
    コロコロの減りが異常に早くなりました(^^;)

  4. 私は長年猫と暮らしているので黒や紺の服は持っていません。
    コロコロも沢山必要なのでやめてマジックブラシとガムテープを使っております。

  5. こんばんは。最初のTシャツの猫ちゃん、ゴンちゃんと似てますね。ゴンちゃん、自分のアンヨをチューチューしているの、赤ちゃんみたいで可愛い☆3枚目のTシャツ、大きな猫はスットコランドの猫ちゃんじゃないですよね?!びっくりした!Tシャツの印刷なんだ、このTシャツいいな。私は、ユニクロで藤田嗣治の猫の絵のTシャツを買いました。この絵がもともと好きだったんです。7匹いると、アウトドアのファッションのほうが、便利ですね。

  6. 最初のTシャツ似てるでしょ? そう思って買いました。3枚目も買ったものです。
    藤田嗣治の猫良いですよね。私はとにかくザブザブ洗えて丈夫なものしか着なくなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中