80.スタートリック辺境篇

〇前回までのあらすじ (常連の読者さんはもう驚かないですよね?) 
 シワワン星ガンザニア王国の96番目の王子「シャブリ・ペロン・グフフ・ベローチェ」は、学問・武道共に歴代王子の中で最高の成績を修め、伝説の英雄”ガンザー”の再来と呼ばれていた。しかし宇宙の平和を案ずる父王は、王子達を次々大使として他星に送り、グフフを次期王の候補として王宮に残す嘆願を認めなかった。さらにグフフの赴任先として選ばれたのは、天の川銀河の最果ての星「地球」だった。その未開の地では、着陸誘導システムが何者かに破壊されており、墜落事故によりグフフは侍従と離れ離れになる。

〇登場人物紹介

 ガンザニア王ガルル

「すべての王子は、宇宙の平和に尽くさねばならぬ。例外は認められん!」

 王妃ウルル

「でもあの子はまだ幼いのですよっ!」

 実権を握る第3王子グルル

「王家の安泰の為には たとえ子供といえども、反乱分子となり得る者を置いてはおけません」

兄に反感を持つ第21王子ブルル

「王宮は魑魅魍魎だらけなのさ」

王子達の指南役の第4王女パルル

「グフフはここに残すより遠方に行かせた方が安全なのです」

〇第80話 (ご存知とは思いますが、あと79話は探しても見つかりません)

 森の中をさまよったグフフは山賊に取り囲まれるが、その首領クス・ネルダスはお前は自分の子供とそっくりだと言う。

「これでも俺は男爵と呼ばれていた男なのさ。盗癖がたたって城を追い出されたが、息子のタバは女王の信頼が厚く、侯爵の位を授かったんだ。今では諸侯会議の議長だぜ」「あんた困っているならタバの所に案内してやるよ」

「かたじけない。私はどうしてもこの星の王にお会いして、和平協定を結ばねばならないのです」「そのタバ様がお仕えしているのが、この星の女王様なのですね」
「コノホシっちゅう土地は知らんが、スットコランドの女王だよ。デニース様に聞けば何か分かるさ」
 クスと共に森を抜けて城に向かったグフフは、悲鳴を聞きつけ若い女性を救った。

「お嬢さんご無事ですか?」「ネルダス様!? アタチは大丈夫だけど女王陛下が心配よっ!」「城に急ぎましょう!」
 つづく…

 ※女王デニースとネルダス侯については こちらをどうぞ「スットコランドストーリー第67話」

2017-04-03 19:05 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中