96.ブレイブハート!

 ドンごろーがいつから我が家のボス猫になったのかというと、最初からです。人間なら幼稚園児くらいの頃にうちに来て、すでに高校生くらいだったゴンゴンとガンちゃんに「今日からオラがボス!」と宣言しました。(アホですね)
 しかしドンごろーは” ブレイブハート”の持ち主なのです。相手の方が大きくても、どんなに恐ろしくても、絶対に背中は見せません。売られた喧嘩は必ず買うのが、ボス猫になる為の条件です。咬まれて叫ぶのも、いけません。

 ゴンに負けたのは今までに一度だけ。来て数日後に目を殴られ「ぎゃん!」と言って座り込んでしまったのです。自分の三分の一しか無い子猫に、思いっきりパンチしたゴンは、さすがに気まずそうにしていました(馬鹿者です) けれどそれ以来ドンが喧嘩で悲鳴を上げたことはありません。どんなにやられても無言です。自分より強い相手に戦いを挑み続けて、決して引かないので、ゴンの方が立ち去ります。

 ゴンの耳や足に残る傷のほとんどは、ドンごろーのせいです。毎日力試しの小競り合いが起こりますが、ゴンはちょっとでも咬まれると、すぐに大声を出して逃げ出します。(ガンちゃんはそもそも争いません) ドンは大きな犬に会っても、ブルブル震えながら立ち向かっていました。

 ボスには箱やおもちゃを最初に独占する権利があります。

 新しいものを手に入れたら、まずドンがチェックします。

 お気に入りの場所に誰かいたら”マウンティング”で自分の優位を知らせます。
 人間にはかわゆいドンごろーですが、他の猫にはいつもエラソーにしています。

 ただし忘れてはいけませんよ。実はもう一人咬まれても泣かない”ブレイブハート”の持ち主がいるのです。今はまだ若くて小さいので遠慮しています。でも彼が大きくなった時何が起きるのでしょう?

「えっ!? それひょっとして僕ですよね。うふっ!」

2017-05-25 18:37 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中