116.スタートリック外伝

「久しぶりだにー。アン・ワンだっちゃ」「えぇっ? 何度も出てるのに覚えてねぇのけ? グフフ殿下の侍従のアン・ワンだっちゃよ」「ここのおばちゃんもオイラ達の見分けがつかねぇけど、ちゃんと見とりゃ分かりますよなぁ 殿下?」

「わたしはタバ・ネルダス侯爵ですが、何か⋯?」「あ、すんづれいしますた。こっちゃが殿下でしたな?」

「俺はクス・ネルダスだよ。タバの父親さ」「え? するとあちゃらが殿下だかね?」

「このたわけもんが!!」「 わしゃオメーの親父のワン・アンだがや!」「ひぇ〜〜っ! 親父ここで何しとるっちゃ??」「ブルル殿下のお供で来たっちゃ」

「私はブルルじゃなくてグルルですけどね」「えぇ〜〜っ!?」「グフフはどこですか?」

「僕はグルル殿下の侍従のエン・オンですよ」

「わたしはタバ・ネルダスですっ!」

「俺はクス・ネルダスなんだって!!」

「グフフ殿下どごさ行ってまったっちゃ〜?」

 その頃グフフ(ガンちゃん)は地球のお友達と爆睡中だったのでした。

※スタートリック辺境編で登場人物を確かめたい方はこちらです。

2017-09-11 21:30 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中