140.バレンタインの恐怖

「おデンは今日が何の日か知ってるだかなぁ」「⋯⋯」

「オラにくれる物とかぁ。告白することとかー」「あるっ!」

「わらわの側に寄るでないっ!!」

「そっ、そうじゃなくて今日はバレン…」「バレンタインデーですなぁ」

「聖バレンタインが処刑された日でしたな!」

「え!? しょ⋯処刑って⋯?」

「そうだっ! シカゴでバレンタインの虐殺があった日だ!」

「ち、違うだよ。そんなんじゃなくて、チコレートとかぁ」「分かった! “血のバレンタイン”だー!!」

「81年のカナダ映画だなっ!」「チョコレートの箱に心臓が入ってるんだろ〜?」

「チョコレートにはミステリーでもよく毒が仕込まれてるよね〜」「毒を仕込まなくても猫が食べたら死んじゃうのさっ」「わーははははははっ! サイコー!」「ケタケタケタケタ⋯」

「うううっ。オラもうバレンタインはいらねぇだ⋯⋯」

2018-02-14 19:07 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中