145.正直者はどやされる

 ニンゲンは皆嘘つきです。ブティックの店員さんが「お客様の体型でこのお洋服をお召しになるつもりですかぁ?」とか、パーティに招待されて「この料理マズイっすね〜。ロクな食いもん置いてないじゃん」とか、思ったままを口にするとエライ事になります。
 その点、猫は正直なのです。

※一週間後の写真。

 元気のないダンゴ君の耳から血が出ているのを見て、ママが怒り出しました。こういう乱暴を働く容疑者は2匹しかいません。ゴンゴンは慌ててママにすり寄り弁解を始めます。

「オカ〜ンごめんな。オレ風呂場のタオルを盗んで廊下を引きずって、オトンの手提げ袋をヨダレでべろべろにして、書類ボックスのネジを3個かじり取ったし、おデンの毛をひっこ抜いて泣かせたけど、あとはゴミ箱を倒してぶちまけた以外は何もしてねーよー」「ダンゴには毎日噛みついてるけど今日はまだやってねーって」

 ママが許してくれそうもないので、ガンちゃんに助けを求めます。
 一方ドンごろーはママが怖くて目を合わせられません。

「おっかあ。オラ⋯」「オラ⋯噛んだけど〜」「だってぇ、ダンゴがオラの寝たいとこで眠ってて⋯」
「ベッドはみんなの共有でしょ!他にも寝る場所はあるでしょ!」
「オラはここがいいだよぉ」「おっかあの枕元に居たいだよ〜」

「小さい子をいじめるんじゃありません!!」
 ドンごろーが涙ながらに訴えていますが、ママの怒りはまだ収まりそうにありません。

2018-03-13 16:20 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中