176.猫屋敷の怪・再び

 前回の「猫屋敷の怪」ではゴンゴンの背中にガンちゃんの生首が生えていました。

 今度はガンちゃんの首にゴンゴンの胴体がつながっています。

 前回背後霊に取り憑かれたダンゴ君は⋯。

 一体化していました。

 秋なので畳には猫耳茸が生え⋯。

 ベッドには猫足茸が伸びています。

 猫は薄目を開けて眠っている場合がありますが、ガンちゃんの開いた片目は不気味ですね。

 ダンゴ君は忍者ですから、寝ていても警戒を怠らないのです。

 そしてゴンゴンは⋯。

 目を開けたまま魂が抜けています。

 さて こちらでは どうしたことでしょう!? ドンごろーが子猫になってしまいましたよ。

「そんなわけねぇずら!」

2018-09-22 01:00 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中