212.猫屋敷の怪・またまた

 いつもはゴンゴンがガンちゃんの生首を背中に乗せているのですが⋯。

 今日はガンちゃんがゴンゴンの生首を持っています。「それがどうかしましたか〜?」ゴンは魂が抜けていますね。「⋯⋯⋯」

 ドンごろーはまた尻尾を無くしたようです。「えっ!? オラの尻尾また逃げたのけ?」

「尻尾なら棚の猫ベッドにあったわよ」窓辺に転がっていた小さな生首が教えてくれました。

 あ! 見つけたわ。これね。

「そそっ⋯それは拙者の尻尾ではござらぬか!? さっきから無いと思っていたのでござる」

 じゃあ これかなぁ?

「それは僕の手なんですよ。オトリにしてわなを仕掛けてるんです」誰に仕掛けてるのよぉ。

「この尻尾ではないのか? わらわが捕まえてやったぞ」

「やだやだ。オラそんな尻尾はいらねぇだ」あれっドンごろー? いつのまにか尻尾が戻って来てるよ。

「良かったですねー」ガンちゃんはゴンゴンの生首を枕に眠りにつきました。

 こっちではアン・ワンが首の無いゴンの体を抱えて寝ます。

 安心したドンごろーも白目をむいて眠ります。
 不思議な不思議な猫屋敷の夜が更けて行くのです。

「きゃははははははは!」

2019-05-03 00:00

212.猫屋敷の怪・またまた」への2件のフィードバック

  1. わ~、すごい生首がゴロゴロ……!
    それにしても、ボンちゃんは何をしても可愛いですね。
    ドンちゃんもしっぽがもどってよかったこと。(=^・^=)

    いいね

  2. 我が家はいつも家中いたるところに生首が転がっております🙀
    ボンにゃんは何をしてても可愛いと言って頂けて良いなぁ😁
    ドンはよく尻尾を忘れちゃってます〜🤣

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中