23.ゴンゴンは人気者!

 今日も誰かが遊んでるおもちゃを奪い取って、隠していたゴンゴン。
 眠る時も自分は人の寝床に割り込みますが、自分が先に寝ている場合、他の猫が入れてもらおうとしても絶対に許しません。究極の自己中です。
 ゴハンを食べるのも、人を押しのけて良さそうな皿を取ります。
 ところがこのゴンゴンなんとメスにモテるんです!!
 いつも意地悪されていたギンさんでさえ、彼を嫌っていませんでした。

 若い娘猫達は、見た目が第一なんでしょうか。
 優しいガンちゃんはもてません。ドンごろーは避けられてます。
 カッコイイというだけで、おデン様まで親しくしているではありませんか(当然スットコ男子の強い反感を買っています!)
 ママは「そんな男と一緒になったら一生苦労するわよ」と言い聞かせてます。

 ゴンゴンは、我が家にやって来る猫好きさんにも人気があります。ゴージャスなヒョウ柄の毛並みで、誰にでもすり寄って媚びまくるからです。
 特に修理や工事関係のオジサンが好きで、楽しそうに道具箱を物色します。
 ケーブル配線の点検員さんは、ペロペロと手を舐められ続け、笑ってしまって仕事になりませんでした。別の人の足にかじり付いた事もあり、今では誰かが来ると即刻ケージ行きです。
 ただし、犬連れのお客様は別です。ママが捕まえるより先に物陰に隠れ、ドンごろーを前面に押し立てます!

 そんなゴンゴンにもひとつだけ良い所があります。小さい子を可愛がるんです(小さいうちだけです)
 仔猫の頃可愛がってもらった記憶があるから、みんなゴンゴンが好きなんですね。

2016-11-14 19:02 

4.凶暴仔猫の対処法

 家に来て一時間で、ババとママを震えあがらせたゴン。家中がめちゃめちゃ。
 花瓶を割る。スノードームを割る。スタンドライトを割る。
 椅子の背をかじる。肘掛けをかじる。
 あらゆる物をバリバリにする。あらゆる物をバラバラにする。
 手足に噛み付く。頭に噛み付く。人間を跳び箱に使う! 顔に向かって飛んで来る!!
 活動量が尋常じゃない。

 専門家によるとこういう猫は、昼間十分に遊んでやれば大丈夫と言います。
 遊びが足りなければ、犬のように散歩をさせましょうとか。
 ゴンゴンは内弁慶で、外に連れ出そうとすると絶叫します(ママは誘拐犯か殺人鬼か?)
 猫じゃらしはすぐにボロボロで跡形無くなり、ママの方が先に疲れてギブアップ。 爪でしがみついて離れようとしないゴンを、引きずって歩く始末。

 寝相も悪いですねー。

 でも気が休まるのは彼が眠ってる間だけ。

 毎日死ぬほど遊んでやり続ける以外に、もうひとつ打つ手があります。
 同じ年頃の元気なお友達を連れて来るんです(2匹で思いっきり遊んでもらって疲れさせる作戦ですね)
 その手を実行に移したパパとママは、もっとヒドい目にあいます!!

2016-10-26 22:01