126.バッドマン

 朝いちからゴンゴンはビニールを舐めて気持ち悪くなり、わざわざパパのお布団まで行ってゲロゲロしました。次に熟睡しているドンごろーに突然噛み付いて素早く隠れます。猫のケンカはまず睨み合い、頭を突き合わせて唸ってから始めるのがルールなのに、寝ている時にいきなり襲われたドンは訳が分かりません。

「いったい誰ずら?」

 ママが猫のトイレ掃除を始めると、何度も行き来して少しずつ処理する間(流すタイプの砂)ドアが開けられるようになります。普段はゴンが誰かを閉じ込めないように、外側からフックを掛けて封鎖してあります。ゴンはこのチャンスを見逃さず、コバンを誘い込んで便器のたまり水を覗かせました。コバンは水を見ると”お清め”をしないではいられません。幸いママが飛んで来ましたが、気付かなかったら水浸しになっていたでしょう。ゴンは自分だけさっさと逃げ、残されたコバンは納得がいかない様子です。

「奥方様っ! このような不浄な水はいけませぬ! 」「いーのいーの」「良くありませぬ! この水は絶対清めなければ」「いーからやめれ!」「しかしここは見過ごせませぬ!」「ここだけはやめんかーーっ!!」

 手を突っ込んでジャバジャバしようとするコバンを何とか連れ出します。

 ゴンはその頃棚の上で寝ていたガンちゃんを、ベッドごと蹴落として喜んでいました。物が散乱する床で、ベッドを見付けたおデン様はご機嫌です。

「おぉ! このような所にベッドがあったのじゃな。
これは良いではないか」

 その向こうではゴンがダンゴ君の獲物を横取りし、家具の隙間に入れてしまいました。

「それは僕のです〜。返してくださーい」

 ゴンは知らんぷりでキッチンに来て、コーヒー缶を持っているママの手に頭突きします。飛び散ったコーヒー粉をママが拭き、気を取り直してお湯を注ごうとするとまた頭突きするのです。

「こぉ〜の! あほんだらがあぁぁーっ!!」

 ついにオカン山が噴火しました。本日1回目の爆発です。でもまだ朝ですよ。

「ばかったれぇぇ~!!」

 今日もゴンとの戦いは始まったばかりなのです。

2017-11-07 18:39 

114.悪猫ゴンジャラス 

 ゴンゴンのどこが悪猫なのかと思っている皆さんに、我が家のこれまでの損害額明細をお見せしたいです。心臓発作を起こします。これを知ったら、温厚なパパだって「山奥に捨ててこいっ!」などと怒り出しかねません。ママはゴンが来て1時間で「捨ててこようか?」と言いました。(その頃の様子→凶暴仔猫の対処法) 実際ベンガルは、手に負えなくて手放される数の多い猫種です。しかしゴンの場合問題なのは、その獰猛さよりも、ろくでなしな性格の方でした。

 あまりに悪さばかりするので、ママは日記に”今日のバカタレ”という項目を作ろうとしたくらいです。頭痛の種になるのでヤメましたが、もし先週の分を書くとすると「トイレに飾ってあったフィギュアの頭をもいで便器に流した」と「ハンディシュレッダーのハンドルを噛み砕いて使用不能にした」でしょうか。毎日やっている「他の猫に噛み付いてベッドから追い出す」とか「ママの顔めがけて飛びかかる」などはもういちいち気にしません。椅子の背もたれをかじり切って分解したり、他の猫のハウスにマーキングし続けて駄目にしたり、パパが定年退職した後も仕事を続けているのは、ゴンのせいで余計なお金がかかるからだそうです。

 ゴンに襲われた誰かが悲鳴を上げるのを聞くと、パパとママは(ゴンを選んでしまった)後悔に苛まれます。ゴンが誰かに噛まれて悲鳴を上げている場合は、あいつが悪いに決まってると決めつけます。大抵は当たってます。

「オカ〜ン。ごめんちゃい。オレ悪い子ちゃんだけど、悪い事すんのおもしれーんだもん。仕方ないじゃん。でもオレって可愛いよね〜。愛してるだろ〜? なー オカ〜ン!」

 お喋りでうるさいのもたまりません。

2017-08-28 19:00 

94.ムリ猫団子

 今日のように突然雨が降って涼しくなると、短毛種の中でも特に薄毛のゴンとガンは、慌てて添い寝の相手を探します。その昔どうしても大好きなギンさんと寝たかったガンちゃんは、いつもお邪魔虫に迷惑していました。割り込んで来た奴を睨んでいますね。 

 今はボンにゃんと寝たいガンちゃんが、またしてもお邪魔虫に悩まされています。二人でもぎゅうぎゅうのベッドに、迷惑者が無理やり乗っています。

 下敷きになったボンにゃんが苦しそうなので、ガンちゃんの目がすわって来ました。

 二人の冷たい視線をよそに、どこ吹く風のお邪魔虫は、さっさと寝てしまいます。いい根性です。この後怒った二人は出て行きました。

 おデン様はゴンゴンが嫌いではありませんが、何しろ大きなお方なので、一緒に入るにはこのベッドは狭いようです。ゴンは下に潜り込めずに、掛け布団化しています。

 おデン様を諦めたゴンゴンが、こいつはどうかと試してみると、いつの間にか誰よりも巨大化していたコバンが、窮屈なのを嫌がって逃げ出します。

 せっかく広い所に寝直したのに、しつこいお邪魔虫が付いて来ました。コバンがまた逃げようとして暴れています。ゴンゴンはママに「いい加減にしなさいっ!」と怒鳴られてしまいました。

「だってオレ薄着じゃん。 さみ〜じゃん。さみち〜じゃん」

 すっかりスネているゴンゴンなのです。

2017-05-18 20:11 

72.ズリまくり!

 ゴンゴンはハーブ系の匂いが大好きです。ロゴナのマウスウォッシュを使った後の、歯磨きコップをベロベロ舐めまくります。うっかり忘れて、そのまま又使わないように注意しないと、ゴンのヨダレだらけです。さらに目がないのがママの髪染めの匂いです。ヘナとインディゴなどを混ぜたものですが、染めた日はズリまくって鼻水をつけ、ど汚いのでたまりません。引き剥がさない限りいつまでもやっています。(30秒)

2017-03-08 18:03 

71.ギャン泣き! 

 ママはゴンゴンが悲鳴を上げていても、いちいち見に行きません。どうせドンごろーをからかって噛まれたに違いありません。いつもの日課みたいなものだし、自業自得のバカタレなので放っておきます。ところがこの日はガンちゃんが呼びに来たので、これは何かあると思いました。ガンちゃんは猫の手に負えない場合にママを探すのです。

 書斎ではギャン泣きするゴンゴンを、皆が取り囲んでオロオロしていました。ヘタリ込んでいる様子をチェックすると、後足に洗濯バサミが挟まっています。ゴンはいつも洗濯バサミを盗んで遊んでいて、室内物干しの上も綱渡りのように歩いて取って行きます。洗濯物が落ちるしガチャガチャうるさいので、ママが怒ると「ごめんなちゃ〜い」「ごめんなちゃいね〜」と謝りながらやめません。

 それにしても何をするとこのようなアホンダラな事態になるのでしょう? 自分でかじりついて遊んでいたら、バチッ! と飛んで挟まったのでしょうか。ガッチリと足にくい込んでいた洗濯バサミを取ってやると、ゴンは恥ずかしそうにそそくさと逃げて行き、見守り部隊も解散しました。

 ドンごろーはゴンを倒した相手を素早くくわえて持ち去り「オラのもんだ」と宣言します。ゴンを泣かせたのが、よほど気に入ったみたいですね。

 あれ以来ゴンゴンは洗濯バサミに手を出しません。「こいつは噛み付く!」と分かったのでしょう。悪事のネタがひとつ減って良かったのですが、どうせまた別のイタズラを考えつくに決まっていますよ。

2017-03-06 18:45