39.本当はユルイおとぎ話

  白雪姫は何度でもだまされる女です。殺されかけても学びません。まただまされて死にかけます。一方の継母は美しいだけでなく、とっても出来る奴なんです。魔法が使えて行動力もあります。馬鹿のくせに美人と言うだけで、チヤホヤされる白雪が許せないのも納得出来ます。
 男性陣はそれでも世界一の美女なら良いと思うでしょうが、物語をよく読んでみて下さい。白雪はセールスにヨワいのです。勧められると何でも欲しくなります。王子の経済力がどの程度か分かりませんが、やがて国の財政も傾くでしょう。

 おとぎ話と違い実際の姫は賢くなければ務まりません。ましてや女王として国を治めるなら、誰よりも強くあらねばならないのです。

 我が家のおデン様ももちろんそうです。彼女は気が強いだけでなく大柄で、腕力にも自信のあるお方です。いざとなったら自慢の大根レッグスで、ドンごろーだってぶっ飛ばしてしまいます。かわゆいお顔に似合わない相当な破壊力をお持ちなのです。
 おデン様の側にはいつも臣下のダンゴ君が控えています。

 オス同士の小競り合いを見守ります。(冬でも蚊帳を吊っている理由は「宇宙人現る」で)

 今日もスットコランド(くどいようですがスコットランドじゃありません)の平和が保たれているのは、女王おデン様の優れた統治力の賜物です。多少オツムにユルイところがお有りだからと言って、彼女に逆らってはなりません!

2016-12-14 19:00 

28.女王様の憂鬱

「お化けじゃ!お化けじゃ!」お昼寝中のおデン様が、突然騒ぎ出します。パパが抱っこして「お化けなんか居ないよ。夢を見たんだよ」となだめます。

「うーん夢であったか。あの乳母(ママ)が悪いのじゃ。ホラー映画ばっかり見おって、夢に出て来るではないか!」
 「だいたい、わらわがピンチだったと言うのに、ダンゴはどこに行っておるのじゃ?」

 ダンゴ君はパパが着替えるお洋服を、寝押ししに行っているようです。

「役に立たない奴め。スパイも衛兵も務まらぬなら、下足番に格下げするぞよ」

「えぇぇーっっ!」ダンゴ君ショックで固まりました。

「ふん! いい気味だべ。おめぇなんかオラに対抗するんは10年早えだぞ!」 
 ドンごろーが何か言っていますが、おデン様はおかんむりです。

「 わらわに衛兵が必要なのは、お前のせいなのじゃっ!」(女王陛下のダンゴ君参照) 

2016-11-19 19:15 

10.女王様のお成り

 スットコランド(スコットランドじゃないです)の由緒正しき王女おデン様です。
 気位が高く、パパを門番ママを乳母としか思っておられません。鳴き声もエイ!とかワン!?とか命令口調です。
 真夜中に眠ってるパパに大声でワンッッッ!「蚊帳の中に入れるのじゃ!」
 パパの上をのしのしと踏み越えて行くとママにエイッッッ!「耳の後ろをこにゃるのじゃ!」満足するとママの顔をじゃりじゃり舐めて立ち去ります。

 イタズラをして怒られると納得行かないというふうにスネて、自分のクマの所に走って行きしばらくは出て来ません。

 オス達は完全に見下されています。
 当初ドンごろーと親しく、スットコどうしの会話を楽しんでおられましたが、乱暴者と判ると威嚇して寄せ付けません。
 ゴンゴンは嫌ってませんがガンちゃんを見ると驚いてのけぞります。
 普段はだり~んとしてぼんやりしたお方に見えますが、意外にも何かを見抜いている可能性が有ります。
  ガンちゃんは遊んであげようとしてるだけなのに、突然目の前に飛んで来るような奇矯な振る舞いがお気に召さないみたいです(無理もないけど)

 他のスコさん同様のんびりと着実に大きくなって、やがて女王様にふさわしいずっしりと立派な体格になられました。

「わらわに侍女を付けるのじゃ!」
「オスどもとは遊びとうない!」とおっしゃっておられます。

2016-11-01 18:59