287.秘密の恋はいつもダメダメ

「ボン様 おはようでござる。今日は良い天気でござるな」「そうねっ」

「おはようでござる。今日も良い天気でござるな」「雨降ってるんじゃないの?」「えっ⋯」

「今日は朝方が曇りで⋯」「昼頃が雨で、今は晴れたでござるなっ」「それがどうしたのよ」

「今日の天気は⋯」「アンタお天気の他に喋ることないのっ?」「え!? えっ⋯と⋯」

「ボン様 拙者と二人で食事しませぬか?」「アタチはひとりでゆっくり食べたいの」

「今夜のご飯は美味しかったでござるな」「毎日同じご飯でしょ」

「ボン様 拙者とこの箱に入りませぬか?」「アンタだけでギュウギュウじゃない!」

「こっちの箱なら広いでござるよ〜」「アンタの重みで潰れてるわよっ!」

「ボン様 ここで一緒に爪研ぎを⋯」「アンタいつも邪魔なのっ!!」

「アタチはととちゃまの所に行きたいんだからー!!」「⋯うぅぅぅぅっ」

 コバンはとうとうボンにゃんに怒られてしまったようです。

2020-10-03

279.秘密の恋はいつもバレバレ

「えっ? 拙者に好きな猫がいるですと!?」「ま、まさかぁ。い、いませぬよ〜」「万が一その様な事があったら⋯きっと⋯」

ぎゃははははははっ!

「おもしれーなっ」「お前みたいなブヨブヨのボンクラを気に入るメスがいるかよっ」「みんなオレ様のようなカッコイイ男が好きなんだぜぃ」「想うだけ無駄さっ!」

「せ、拙者は誰も想ってなどおりませぬ」「ひそかに慕っているお方などおりませぬから⋯」

ぬぁんだとぉぉぅ!

「オメェは見回りをサボってメスとイチャイチャしてるんか?」「オラだってなかなかおデンと仲良くできねぇのにっ!」「彼女作るなんぞ10年早えぇずら! !」

「拙者はメスとイチャついてなどおりませぬ」「イチャつきたくても⋯いえ決してそんな考えは⋯」

「アンタ何見てんのよっ」「よ、良いお天気でございますな」

「え、えーと。この辺りに異常はありませぬか?」

「せ、拙者はただ通りかかっただけでござるよ」

「寝ている時にそっと近づけば怒られないのでござる」「良い夢が見られそうでござる」

 コバンはいつか本当に、ボンにゃんの横に寄り添って眠りたいのでしょうね〜。

2020-07-24

201.陰陽師謹慎中

「拙者まだ子猫だというのに謹慎のうえ、修行のやり直しを命じられたのでござる」

 ※理由は前回「わるだくみスペシャル」でご覧下さい。

「精神修養の為またこの岩屋にこもろうと⋯」「むむむ、む?」

「なんといつの間にか岩屋が狭まっているではありませぬか!」

※コバンの自己イメージ

「おかしいでござるな〜」

「この洞窟なら良さそうでござる」

「中を覗いてはなりませぬよ」「秘密の修行でござるでな」

「☀︎☁︎☂︎☃︎⚡︎⚡︎⚡︎!!」「☼☾✸!!!」「✯!★!☆⋯」「⋯す⋯すぴ⋯☮︎☺︎」「⋯⋯ぐぅ⋯⚐❀⋯⋯」

「オオオぉぉぉぉーっ!」「滝よ清めたまえぇぇぇ」「我に力をぉぉぉ!」

「うおおぉぉぉぉー!」「山よ力をぉぉぉーっ!!」

「拙者これこのとおり完全復活したのでござる!」「もう決して失態などありませぬぞ」
 本当に大丈夫なんでしょうかねー。

2019-02-15 23:01 

184.お菓子をくれたらお祓いします!

「今夜はハロウィンでござる」「拙者も出かけるのでござる」

「おぉ! そうであったな。今夜の主役は黒猫じゃ」「町へ出て魔を祓い、菓子をもらってくるが良い」「皆様は行かないのでござるか?」「大人じゃからな」

「お菓子をもらえるのはコドモだけだぜぃ。オマエもう大きいだろ」「拙者はまだ子猫でござる」「そんなに でけーのにぃ?」

「拙者は大きくても子猫なのでござる」「菓子をもらえるのが子供だけなら、なおさら絶対に子猫でござる!」
「ガンちゃんも行かないのでござるか?」「私の加工は怖すぎると言われました」

「わあぁぁぁぁ!! 心臓に悪いでござる〜」「ショックで死人が出そうでござる〜」「家から出ないでくだされ〜」

「ダンゴはいっしょに行くでござるよね?」

「僕まだ頭が痛いんですー」「僕のぶんもお菓子もらって来て下さーい」
「では拙者ひとりで行ってくるでござる」

「はっぴ はろぅぃぃぃん!」

 今夜コバンが訪ねて行ったらお菓子をやって下さい。お礼に玄関を清めるそうです。

2018-10-31 00:00 

174.子猫大猫大きな子猫?

 日本猫の体格は、生後一年ほどで大体決まります。でも洋猫の中には、3歳くらいまでじわじわ大きくなる種類があるのです。まだ成長中(?)のコバンは、大きくなるにつれ、みんなに恐れられるようになってきました。

「アタチのそばに来ないでよー」「こいつアタチの3倍あるのよっ」

「遊ぼうでござる〜」「やだねっ!オマエでかすぎっ!」

「拙者はまだ子猫でござるよ」「どこが子猫なんだよっ」「わらわは知らんぞ。女王のわらわより大きな者など認めぬからな」「オラも知らねーだ。ボスのオラよりでかくなるなんて許せねーずら」

「拙者は大きくなってなんかいないでござるよ〜」「そうですよ」「コバンは最初からこの大きさです」「僕の倍の大きさのままです」
 それはー。ダンゴ君もいっしょに大きくなったからでしょー?
「え!? 僕たち大きくなってますか??」

 ほーら、見てごらんなさい。これが仔猫の時でしょ。そして今はね⋯。

「わーー!! 寝床が小さくなっているのでござる!」

2018-09-08 19:14