278.どん!どん!お手伝い

「ドンごろーだよ」「スットコランドで一番 働き者のにぇこだよ」

「おっとうがお出掛けするから着替えを守っているずら」「盗まれないようにしっかり押さえとくだよ」誰が盗むのー?

「読みかけの本には匂いを付けとくだよ。爪も研いで印もつけたから完璧だな」「これでおっとうは自分の本がすぐ分かるずら」パパは匂いで確かめたりしないんじゃない?

「財布もおっとうが忘れねぇように、しっかり匂い付けしとくだよ」「これは特に大事なものだから、噛み跡も付ければバッチリずら」噛み跡はヤメなさいね。パパ泣くわよー。

「あ〜〜。ちかれたずら〜」「ちょっくらお休みするだよ」そんなに動いたかなぁ?

「オラはボス猫だから、毎日ナワバリの様子にも注意を払ってなきゃいけねぇんだよ」見回りと警備はコバンとダンゴ君にやらせてるんじゃないのぉ?

「お片づけの間は書類を守ってやらねぇとだな」「オラが居ればおっかあも安心して作業が出来るだよ」ママ邪魔だって言ってなかった?

「電球の交換もお手伝いするだよ」叩いちゃダメよー。それホントに手伝ってるのかしら?

「今日も一日よく働いたずら〜」「オラはそろそろ眠るだよ」

 明日もいっぱいお手伝いしたいから、ドンごろーはゆっくり寝ておかなきゃならないそうです。

2020-07-14

276.ぼんくらブラザース?

「そもそも”ぼんくらブラザース”などというカテゴリーがある事自体 おかしくありませんか?」「私には納得できませんね」

「じゃあさ”スットコ5”にしちゃわねぇ?」「スットコ5かっけいいずら?」

「オレはお前らと一緒にされたくねーな」「なんでボケナスどもとオレ様が ひとくくりなんだよー」

「拙者も俗世間猫と一緒はいやでござる」「拙者は厳しい修行を積んだ術者でござるでな」

「バーカ! オメェが一番のボンクラなんだろーがぁ!」

「何をなさるー!!」

「だからぁ”スットコ5”に変えるずらよ〜」

「変えましょう! 変えましょう」「スットコ5で行きましょう!」

「オメェはいっつもドンに媚びやがってー!」

「やめてくださいよー!」

ゴンゴンよしなさいっ!

 ママがアンタもボンクラだって言ってたわよ。

「へっ!?」「オレは頭いいんだぜぃ」頭は良くても性格がアホなんだってー。

「わしゃ殿下がボンクラ呼ばわりされるのは許せんのぅ」「もしかして我がバカ息子のせいではないのけ?」

「逃げないとヤバイっちゃよ」「親父の怒りで部屋が歪み始めたっちゃ〜」

「だからぁ”スットコ5”にしちゃえばいいのに〜」「するったらするずら〜!」

 決めてるのはママですからねー。

2020-6-26

275.お昼寝注意!

 暑くなってくると、スットコランドでは、床に猫が落ちています。忍者ダンゴ君のように、眠っていても目を開けたまま、警戒しているなら良いのですが⋯。

 コバンは通り道の真ん中に、堂々とひっくり返っています。「踏まれちゃうわよー」

「ならば拙者はタンスの上で寝るのでござる」そこ滑るから気を付けなさいね。

「そうずら〜。オメェ何度も落っこちたずら?」ドンごろーもハミ出すと危ないわよー。

「ドンは今までに5回は落ちてるよなっ?」ゴンゴンも7回はやらかしてるでしょ。

「アタチは落ちないわよっ」ボンにゃんは小さいから大丈夫なんじゃない? 「寝相がいいからよっ」

「実はわらわも落ちたことがあるのじゃ」おデン様も あんまりダランとしないのよ。

「やっぱり安全を考えたら床で寝たほうが良さそうですね」

 ガンちゃん後ろ 注意してー。

 尻尾 踏まれるわよー!

2020-6-17

274.マスクは正しくつけましょう

「アタチもう暑いからマスクはイヤよっ」ボンにゃん外さないでね。我慢しないとコロナウィルスは猫にも感染するのよ。

「そうですよ。マスクはきちんと身につけてないとね」ダンゴ君? 身につけてればいいってもんじゃないでしょ。

「そうずら〜。ちゃんとかぶってねぇとダメずら」ドンごろーも使い方間違ってるわよ。

「このようにしっかり頭と耳を守るのですね」ガンちゃん 何か勘違いしてませんかぁ?

「えっ!?」「コレは頭を守るものではなかったのですか!?」その使い方じゃ意味ないです。

「だけどさぁ。ウチには魔除けの黒猫が居るんだぜぃ。マスクなんていらなくね?」「無病息災にご利益あるんだろ?」ゴンゴン それはそーなんだけどね。

「拙者をお呼びでござるな!」

「拙者の陰陽術なら疫病退散などお手の物でござるよ」コバンくん アンタ前見えてないでしょ。

「やっぱりマスクはしていた方が良さそじゃの」さすがおデン様 その付け方で正解でーす。

みんなも暑いけどマスクはしましょうねー。

2020-6-10

12.漫画編集者の妻

 ママはゴンゴンより凶悪です。
 性格の悪さなら負けない(!?)と自慢します。
 ゴンゴンはママを恐れているので、ママが怒ると怒られているのが誰でも、速攻で謝りに行きます(98%くらいの確率でゴンだけど)
「おひゃーん」(オカン)と鳴いて、だっこしてもらえるまで頭突きします。
 パパとママが些細なケンカを始めた場合も、二人の間に入って謝り続けます。ママの機嫌が悪かったら、とりあえず謝ると刷り込まれているんです。

 ギンさんとガンちゃんの寝ている所に無理矢理割り込むゴンゴン。

「ごめーんオカン。ガンが俺と寝たがるんだよ」(寝たがってません)

 ガンちゃんとドンごろーの寝ている所に割り込むゴンゴン。

「だってガンが俺を呼ぶんだよー」(呼んでません)

 ドンごろーにいやらしい行為をしかけるゴンゴン。

「ごめーんオカン。ドンごろーがいいって言うからさ」(言ってません)

 ママは物を壊しても(そんなには)怒りませんが、他の猫への悪事は許しません。この家で悪い事をしてもいいのはママだけです。

 パパは温厚な性格なので、ママとうまく暮らせるのはパパの人徳のおかげだと思いますが、ママは自分がエライと言います。

 パパがいつも忙しかったので、家具を組み立てたり、テレビやDVDの配線をしたり、力仕事も一人でさっさとやります。
 パソコンが苦手でやり方も判らないのに、いきなりブログも始めました。
 今日は写真が取り込めなくなって焦っていたし、そもそも文字を打ち込むのにとんでもなく時間がかかってます(先に勉強してからやろうと思わないんでしょか)
「あ、しまった」とか「なんじゃこりゃ」とか頭を掻きむしったり、まとわりつくゴンゴンを放り出したりしながら、何とか頑張ってます。

「俺だって色々大変なんよー」

2016-11-03 20:09