384.エアコン清掃ってなんにゃ!?

 パパが朝から書斎の荷物を次々運び出し、おデン様が不思議そうに眺めていらっしゃいます。「せっかく片付いていたのに何故また散らかすのじゃ?」人が立てるスペースを空けなきゃならないの。

 誰か来てガンちゃんが様子を伺っています。「初めて遭遇する人種ですね」

 エアコンの吹き出し口から奥にカビが見えていたので、清掃のプロを呼びました。書斎は大きな棚に阻まれて、ママにはキレイに出来ません。邪魔な物を移動するのが大変で、買ってから一度もマトモに掃除していなかったのです!!(自動清掃機能付き)夏の盛りに頼む家は無いようで、すぐに予約が取れましたよ。

「女王陛下は僕がお守りいたします」ダンゴ君が警備体制に入りました。「しっかり見張るのじゃ」おデン様は落ち着いておられます。

 ゴンゴンは喜んで早速イタズラを始めます。「イェ〜イ!」「こらこらっ!」

 ガンちゃんも興味津々です。

 ゴンはママに怒られても、道具チェックに余念がありません。匂いを確かめています。

 こちらはクローゼットに飛び込んだドンごろー。「お、オラ隠れてるわけじゃねぇずら〜」ドンは初対面の人が苦手です。

「拙者 遅れをとってクローゼットをお屋形様に取られてしまったのでござる」コバンは家具の奥に潜んでいました。

 ボンにゃんはコタツの中に入っていますね。「まだ終わらないのかしらっ」

 予定時間は3時間です。猫達は途中で飽きてしまい、それぞれ休憩体制です。

 2時間40分後、ダンゴ君が熟睡してしまった頃、お掃除もカビ除けコーティングもして、リモコンまでピッカピカになって、すべての作業完了です。これで安心してエアコンが使えますが、これから荷物を書斎に戻さなければならないのでした。(現在もお片づけ中)

2022-08-05