303.おまかせスマホで写真はOK?

 ママのコンデジが、数年前から室内だとセピア調の色味になり、調整してもなんか変。お気に入りなので、加工で騙し騙し使っていたけど限界。ついに新品を買ったらPCに接続出来ず。丸一日調べてもダメで、メーカーに相談すると「交換してもらって下さい」との事。手配するも、次に届いたのはナゼか外国仕様。説明書も英語なのでまた交換。やっと手にした後継機はどこが進化してるのかよく分からんそうです。
 使う人が同じなんだから、同じような写真しか撮れなくて当たり前よねー。

上ふたつは古い機種。下が新品。

 この1年はほとんどスマホ写真なので、これでやっとカメラで撮れると喜んだママ。しかし何と対抗心を燃やしたスマホが、進化していました!! “モーションフォト”が付いていたのです。

 シャッター前後を勝手に記録する機能で、ボンにゃんがペロンする動画が撮れています。

 珍しいおデン様のジャンプも押さえられました。

 予想外のハプニング映像も出来てます。

 ドンごろーのお顔洗いも⋯。

 ゴンゴンのお口べろべろも⋯。

ガンちゃんの高速移動(ぐーぐるさん作製)

 さらにこのモーション写真を例の“ぐーぐるフォト”にアップしておけば、こちらも勝手にGIF画像を作ってくれるのです!! (ぐーぐるさんの気が向けばねっ)
「これからは全部お前達に任せたっ!」とママは言っております。大丈夫でしょうか〜。

2021-01-26

232.スマホでしまった!?

 ママがガラケーをスマホに変えました。初めてではなく以前にも使いましたが、タッチセンサーの反応が悪く、電話に出そこなったり、文字を打つのにイライラしたり「アタシの指示に逆らうのかい!」と怒りまくっていました。挙句に3ヶ月後には故障したので、扱いにくいものを修理するより、ガラケーに戻して7年経っていたのです。

 来年には3G通信が終了し変えなければならないそうなので、本体価格が半額になるうちに、カメラ性能の良さそうなものを選んで来ました。最初は軽く触ってもちゃんと反応する感度の良さに、使いやすくなってると感激したママが、驚いたのは家に帰ってからです。

 画面保護シートは最初から貼ってあり、本体のクリアカバーもあって、オマケでデータ移行用コードまで付いています。「気前いい会社だわ♪」などと喜んでいたら、何かがヘンです。

 充電用コードがありません!

 慌てて説明書を確認すると <充電コードは別売りです>「⋯⋯!?」
「充電コードって必ず付いてるもんじゃないの??」「別売りってなによぉ!!」パニクってても仕方ないのでネットで注文しました。

 上の写真はママが手に入れた、スマホを近づけるとウィィィィンと腕を開いて、ハグしてくれる車載用充電器です。乗せるだけで充電できるのは便利ですね。

 ママはカバーは当分付属ので良いし、そのうち“可愛い”のに買い替えようと思ってました。(使い始めの日にいきなり2回も落っことすまでは)
 結局大事なのは“耐衝撃性”だと理解し、61歳のばーさんの持ち物とは思えないカバーを付けましたよ。

 見た目より「壊さない」ことが大事ですっ!

2019-09-06 02:44

9.スマホ怪談

 まったり家のハロウィン。
 ママはこういう小物を全部アクリルケースに入れました。ゴンゴンが片っ端から盗んで逃げるんです。

 最近ママがお気に入りの猫魂(ゴンとガンにそっくり!!)手の届かない所に吊ってあります。

 ゴンゴンとガンちゃんも少し落ち着き(すこ〜しですよ) ギンさんとドンごろーもすっかり馴染んで、平和な日々が訪れたと思った頃、突然の悲報と不思議な出来事がありました。

 具合の悪そうなギンさんを病院に連れて行くと緊急入院になり、それから一週間、彼女は頑張りましたが逝ってしまいました。毎日弱って行くのを見てるしかなかったパパとママは、大変なショックを受けました。前日まで本当に元気で、とても可愛らしいいつものギンさんだったからです。

 ショックだったのはガンちゃんも同じです。彼は心から彼女を愛してました。

 いやがられてましたが。毎日無理やり一緒に寝ようとしてました。

 ギンさんは優しい子でした。
 叱られてしょげてるゴンゴンの頭を舐めてあげたのにぶたれたり、噛み付いて来るドンごろーから逃げ回ってましたが、もの凄い剣幕で怒っても、攻撃はしません。みんなに親切な良いお姉さんでした。

 それからしばらくしてパパとママは、病院から送られて来たギンさんの解剖所見と、検査結果を見て話をしてました。ママのケータイが鳴ったので見ると、目の前に居るパパからの電話でした。耳にあてても何も言いません。パパのスマホは見える所に置いてあります。
 ママはもしかしたらギンさんからかも知れないと思いました。あの子はいつもパパのスマホで遊んでいたからです。
 何を伝えたかったんでしょう?

 判らないまま数ヶ月がたったある日ママは、何故かその仔猫に目を止めました。仔猫はゆっくりと立ち上がって挨拶してくれました。
 その子の誕生日はギンさんが電話をくれた日です。さらになんと背中に、ヘタクソなひらがなで「ぶん!」と書いてあるではありませんか!! (もー訳が分かりません)
 ママはこの子を飼う事に決めました。オスだけになってしまった部屋はむさ苦しく、特にガンちゃんはがっかりして立ち直れない状態。女の子がくればまた元気が出るかも知れないと思ったからです。(大丈夫でしょうか???)

2016-10-31 19:01