382.もふもふ天国

 ぶんぶんキャッツでモフモフと言えば、まずはドンごろーです。まあるい体格とモコモコの毛並みが、モフりがいある手触りです。

 このようにモフられている間は、静かにしているのも高ポイントですね。

 逆に、なんとかモフを避けようとしているのが、ガンちゃんです。

 タライに逃げ込んで、ヤメてくれるようお願いしています。細い体に細い被毛で、刺激が強すぎるのでしょうか。

 おデン様も、お腹モフモフはお嫌いです。顎の下や頭の後ろをモフるよう要求なさり、気に入ると微笑んで下さいます。

 ボンにゃんは、パパ以外が近づくのを怒る子です。このように舐めてくれたりするのは、とても珍しいんですよ。ご機嫌が良かったみたいですね。

 コバンも大人しくしています。脂肪たっぷりの胴回りが、ミンクのようなたまらない感触ですよ。

 ダンゴ君は太めでモカモカのモフ向き体型なのに、落ち着きがないので触れません。ノビノビしたり転がったりして、少しもジッとしていないのです。

 一方ゴンゴンは、ママには絶対逆らいません。されるままにガマンしています。

 ママに抵抗するとイタイ目に遭うのを、ちゃんと学習しているんですね。いつもこのくらい良い子なら、怒られなくて済むのにね〜。

2022-07-22

379.あっちこっちでアッチッチ

 先週までは元気に走り回っていた猫達が、今週は床に行き倒れています。

 あっちにもこっちにも、奥にも転がっているんですよ。

 ゴンゴンは“うらめしや”になっちゃってます。

 ドンごろーも目がイッちゃってますね。

 この炎天下に働いてる人達も居るんですよ。

 お外の仕事は大変です。

「拙者にはムリでござる」「黒猫は特に暑いのでござるよ」コバンは涼しいタンスの上です。

 ダンゴ君も冷たい玄関のタタキに移動しました。「僕も黒猫に近いんですからぁ」

「ただでさえ暑いのに、暑苦しい写真ばかり並べるのはやめたらどうじゃ」おデン様のおっしゃる通りですね。

「皆さんぐったりしてどうしたのですか?」ガンちゃんは灼熱の星からやって来たので、このくらいの気温は平気なのです。

「そんなに暑いと言うなら私が宇宙の怪談を語って聞かせましょう」「昔々貨物船ノストロモ号は地球に帰還する途中で⋯」ガンちゃんだけが、涼しい顔していたのでした。

2022-07-01

378.困ったちゃんがまだまだ

 ゴンゴンが玄関でママを呼んでいます。「箱が届いてるぜぃ」「しまうならオレが手伝ってやるからさぁ」「お手伝いはヤメなさい」「降りなさいってば!」アンタが乗ってるから重くて動かせないのよ。

「何が届いたのじゃ?」おデン様が見に来られ、ボンにゃんも興味津々です。「アタチも猫の手貸しちゃおかな〜」アンタ達も参加しなくて良いからね。

「これこれっ!ゴンもドンも入らないのっ」まず猫達をどかさないと、何も入れられないのです。

 コバンとダンゴ君もやって来たので、ますます片付けが難しくなります。

「この箱はこっちに移すんですかぁ?」「オレが中を確認してやるよ」中身は分かってるから開けないのっ。

 押し入れの上段ではガンちゃんが、お布団に乗ってゴロンゴロンしていました。

 引きずり降ろそうとすると、激しく抵抗します。

 頑固な宇宙猫達には、いつも苦労するのです。

 ガンちゃんに手こずってる間に、下段にはコバンが陣取ってしまい⋯。

 押し入れの前では、箱をめぐる争いも勃発しています。

 一方 追い出されたガンちゃんはすっかりスネて、恨めしそうな顔でママを睨んでいました。

2022-06-24

377.困ったちゃんがいっぱい

 前回あまり動いていないように見えたおデン様は、オス達がひと休みの間にオモチャを独占して、心ゆくまで楽しんでおられました。

 でも遊び疲れると、何故かママの足の上でグルーミングを始めます。「これこれ⋯」「お布団乾かしをしたいから どいてちょーだい」「もう少しで終わるからの」 気が済むまでやめません。

 やっと布団乾燥機をセットすると、すかさずボンにゃんが乗ってしまいます。「そこで寝ないのよ!」「アタチはここがいいのっ!!」

 ドンごろーとダンゴ君は、外に何か見つけたようですね。「網戸を破かないのよー!」

 こちらではコバンが水をかき出しています。「お清めはしなくていーから!」「拙者の大事な仕事でござるよ」

 虫を獲れなかったダンゴ君は、キッチンで食べ物の物色中。「かじっちゃダメよ!」「匂い嗅ぐだけでーす」

 ゴンゴンはドンごろーを背後から襲っています。「イジメはやめなさいっ!」

「オレはイジメっ子じゃねぇよぉ」「証拠はいっぱいあるのよ!」

「ホレ見なさい!」「いや昔のハナシはさぁ」「とりあえず水に流してさぁ⋯」

 おデン様も、お口からミルクを垂らしながらお叱りになります。「少しは反省せぬか!」さすがのゴンゴンもシュンとして引き下がりました。

 しかし今度は何やらおデン様が騒いでおられます。「尻尾が挟まってしまったのじゃ」

「んもぉ〜」「アンタ達は次から次へと何かしでかすんだからー」「良いから早く助けるのじゃ!!」

2022-06-17

376.にゃんコプターでダッシュ!

 ぶんぶんキャッツでは、猫達が寝たり座ったりしている写真が多いので、見ている皆さんは、大人しい良い子ばかりだと思っていませんか? 完全に誤解です! ママが猫達を遊ばせている場面がないのは、片手で猫じゃらしを振りながら撮るのが(ママには)ムリだからです。四方八方から次々飛んでくる猫達を、ブレずに捉える技術と根性がありません。なので今回は、飛ばすタイプのオモチャで挑戦しました。普段の猫達の“とんでもない暴れっぷり”が垣間見えるかも知れません。

「おっかぁ投げてくでー!」ドンの合図でよーい ドン!!
ゴンゴンも参加して、まずは軽〜く足慣らし。
コバンも走りますよ。
ダンゴ君の華麗なドリブル。
ゴンゴン飛びます!
ダンゴもジャンプ。
ドンごろーダンゴ君にパス。
ボンにゃんの飛び出し。
廊下はもう大混乱!
ガンちゃんはママに催促してダッシュ。
ガンちゃんだんだんスピードが出てきました。

 そしてついにゴンがマッハまで加速したのです!?

2022-06-10