285.スットコ・ファイブ!

 多頭飼いでは猫の順位付けが行われます。外猫と違って立場が下でもご飯はもらえるし、あまり意味はないのに、オス達の場合 格付けしないと気が済まないのです。

年長さん組

 兄弟猫や、子供のうちに知り合ったオス同士なら、仲良しの相棒になったりもします。

夜廻り組

 毎日つるんで遊んでいます。

孤高のボス猫

 ドンごろーには同じ年頃のお友達が居ませんでした。

 その代わり、仔猫の時から世話をしてくれたガンちゃんが大好きです。

 しかしそれ以外の間柄では、毎日のように力関係を確かめる為の小競り合いが起こり、自分が一番でないと許せないゴンゴンは、しょっちゅう他の猫を襲います。若い頃はかなわなかったダンゴ君も大人になって、今では対等に戦います。

 強いのに争いを好まず、ボス猫ドンに慕われているガンちゃんの耳はキレイです。猫の耳の状態から、その猫の強さと性格が分かります。

 ダンゴ君の左耳にはドンに噛まれた傷跡が、白い点になって残っています。

 ゴンの耳はボロボロでヒドイですね。ドンやダンゴに喧嘩を仕掛けては噛まれているのです。

 ドンごろーの耳がキレイなのは、強いオスの証です。

 そして意外にもコバンの耳もキレイです。

 コバンは大きくて怖がりなので、揉め事があっても自分が逃げるか、相手が躊躇するかで、喧嘩にならないのですね。いつもコバンだけぼんやりマッタリしています。

2020-09-15

8.組長参戦!

 スコティッシュフォールドのドンごろーです。
 ママが「多頭飼い必勝法」で自信を持って選んだ最初の子です。どアホです。本能だけで生きてます。
 (ギンゴンガンで終わりだと思ってましたか?いいえまだまだ続くんです)

 ドンは生まれながらのボス猫気質。
 喧嘩では絶対に引きません。咬まれても鳴かない。相手が犬でも、自分より大きな猫でも、背中を見せる事はありません。
 家に来た途端小さな体で威張り始め、他の猫(すでに大人)を呆れさせました。

 スコさんはゆっくり大きくなります。何事にものんびりしてます。
 驚いた時、少し間があって跳び上がったりします。
 腕力には自信があっても、どんくさいドンごろーは、しょっちゅうパパに捕まります。

 ママのピンズボックスに寝ているドンごろー。
    (普通こんな格好で眠る??)

 はみ出してるドンごろー。
 (まともに寝らんないのかこの子は)

 パパに捕まって顔をむにょ~んと引っばられる以外、彼におそれるものはありません。

 大好きなガンちゃんに、丁寧に体を舐めてもらって、安心して寝入るドンごろー。

 ママとゴハンとお日なたさえあれば、毎日ゴキゲンなドンごろーです。

2016-10-30 18:55