285.スットコ・ファイブ!

 多頭飼いでは猫の順位付けが行われます。外猫と違って立場が下でもご飯はもらえるし、あまり意味はないのに、オス達の場合 格付けしないと気が済まないのです。

年長さん組

 兄弟猫や、子供のうちに知り合ったオス同士なら、仲良しの相棒になったりもします。

夜廻り組

 毎日つるんで遊んでいます。

孤高のボス猫

 ドンごろーには同じ年頃のお友達が居ませんでした。

 その代わり、仔猫の時から世話をしてくれたガンちゃんが大好きです。

 しかしそれ以外の間柄では、毎日のように力関係を確かめる為の小競り合いが起こり、自分が一番でないと許せないゴンゴンは、しょっちゅう他の猫を襲います。若い頃はかなわなかったダンゴ君も大人になって、今では対等に戦います。

 強いのに争いを好まず、ボス猫ドンに慕われているガンちゃんの耳はキレイです。猫の耳の状態から、その猫の強さと性格が分かります。

 ダンゴ君の左耳にはドンに噛まれた傷跡が、白い点になって残っています。

 ゴンの耳はボロボロでヒドイですね。ドンやダンゴに喧嘩を仕掛けては噛まれているのです。

 ドンごろーの耳がキレイなのは、強いオスの証です。

 そして意外にもコバンの耳もキレイです。

 コバンは大きくて怖がりなので、揉め事があっても自分が逃げるか、相手が躊躇するかで、喧嘩にならないのですね。いつもコバンだけぼんやりマッタリしています。

2020-09-15

281.残暑お見舞い申し上げみゃす

「今日もあっちぃけど、お山の上は気持ちいいだなぁ」「遠くまで見渡せて、涼しい風も吹いてるだよ」今年はスットコランドでもビーチが使用禁止になっているので、ドンごろーは山登りに挑戦したようです。

「暑いからもう帰りたいよー」「勝手に帰るとお屋形様に怒られるでござるよ」ドンごろーのお供のコバンとダンゴ君は、あまり楽しくないようですね。お外は危険がいっぱいなので、おうちにいた方が良さそうです。

何かと厳しい夏ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ぶんぶんキャッツから残暑お見舞い申し上げみゃす。

2020-08-13

280.目線の先にはにゃにがある?

 猫は時々何も無いところをジッと見つめていたりします。ほとんどは遠くから聞こえる音に集中しているだけで、そこに何かが見えている訳ではありません。考え事をしているのかも知れないですしね。え? 猫も考えるのかって? 色々考えてるみたいですよ〜。

「最近誰かがアタチを見てる気がするのよー」「暗闇から視線を感じたりするわっ」

ぎくっ!

「不気味だからコバンにお祓い頼もうかしら〜」「きっと悪霊に狙われてるのよっ」

むむむむ⋯それはぁ⋯そのぉぉぉ⋯

「オレ今日のイタズラどこでやろーかなぁ」「オトンの書斎でマーキングしたら出入り禁止にされちゃっただろ?」「オカンが買いだめしたトイレットペーパーにもやったのが見付かっちゃってさぁ」アンタこそアクマ憑いてるんじゃないの? コバンにお祓いしてもらえばー?

「えーっと今日の指令は⋯」「夜廻りと下足番は終わったけどー」「まだなんか忘れてる気がする⋯」「思い出せないよー」ダンゴ君頑張ってるわね。

「あの音はなんじゃ!?」「上空からヒュンヒュンヒュンヒュンと聞こえて来るではないか」それガンちゃんのUFOだと思いまーす。

「ブォンブォンブォンて音もしてるずら〜」ワームホールの工事なんだってさー。

「地球に来てからずっと気になっていたのですが、あの天井に漂っている透き通った人は何者でしょうか?」

ええっ!?

2020-08-02

279.秘密の恋はいつもバレバレ

「えっ? 拙者に好きな猫がいるですと!?」「ま、まさかぁ。い、いませぬよ〜」「万が一その様な事があったら⋯きっと⋯」

ぎゃははははははっ!

「おもしれーなっ」「お前みたいなブヨブヨのボンクラを気に入るメスがいるかよっ」「みんなオレ様のようなカッコイイ男が好きなんだぜぃ」「想うだけ無駄さっ!」

「せ、拙者は誰も想ってなどおりませぬ」「ひそかに慕っているお方などおりませぬから⋯」

ぬぁんだとぉぉぅ!

「オメェは見回りをサボってメスとイチャイチャしてるんか?」「オラだってなかなかおデンと仲良くできねぇのにっ!」「彼女作るなんぞ10年早えぇずら! !」

「拙者はメスとイチャついてなどおりませぬ」「イチャつきたくても⋯いえ決してそんな考えは⋯」

「アンタ何見てんのよっ」「よ、良いお天気でございますな」

「え、えーと。この辺りに異常はありませぬか?」

「せ、拙者はただ通りかかっただけでござるよ」

「寝ている時にそっと近づけば怒られないのでござる」「良い夢が見られそうでござる」

 コバンはいつか本当に、ボンにゃんの横に寄り添って眠りたいのでしょうね〜。

2020-07-24

276.ぼんくらブラザース?

「そもそも”ぼんくらブラザース”などというカテゴリーがある事自体 おかしくありませんか?」「私には納得できませんね」

「じゃあさ”スットコ5”にしちゃわねぇ?」「スットコ5かっけいいずら?」

「オレはお前らと一緒にされたくねーな」「なんでボケナスどもとオレ様が ひとくくりなんだよー」

「拙者も俗世間猫と一緒はいやでござる」「拙者は厳しい修行を積んだ術者でござるでな」

「バーカ! オメェが一番のボンクラなんだろーがぁ!」

「何をなさるー!!」

「だからぁ”スットコ5”に変えるずらよ〜」

「変えましょう! 変えましょう」「スットコ5で行きましょう!」

「オメェはいっつもドンに媚びやがってー!」

「やめてくださいよー!」

ゴンゴンよしなさいっ!

 ママがアンタもボンクラだって言ってたわよ。

「へっ!?」「オレは頭いいんだぜぃ」頭は良くても性格がアホなんだってー。

「わしゃ殿下がボンクラ呼ばわりされるのは許せんのぅ」「もしかして我がバカ息子のせいではないのけ?」

「逃げないとヤバイっちゃよ」「親父の怒りで部屋が歪み始めたっちゃ〜」

「だからぁ”スットコ5”にしちゃえばいいのに〜」「するったらするずら〜!」

 決めてるのはママですからねー。

2020-6-26