152.スタートリック・闘魂編

「こらアン・ワン!」「グフフ殿下 (ガンちゃん) にしっかりお使えしとるかにー?」

「え? ワン・アン!? (アン・ワンの父)」「 いきなりどこから現れたのですか?  私はグフフですよ」

「偉いぞアン・ワン」「おみゃーも成長したのぅ」
「侍従兼影武者は決して自分が偽者だと悟られてはならん!」「 たとえ相手が親でも王子だと言い張るっちゃ」「いえ私は本当にグフフなので⋯」「偉い! 偉いぞっ!! それでこそ侍従だっちゃ」「ちが⋯私は⋯」

「これから宮殿10周の走り込みをするっちゃ! 」「ですが⋯」「もっと体を鍛えんと王子を守れんでにー」「だからホント⋯」「行けっ! アン・ワンッ!」

「行くんじゃー!!」「わーー!」

「もっと早く!」「走れ! 走れーー!」

「わーーっ!!」「なんだ? なんだよ!」「どしたの?」

「走れぇぇっ!」「行けぇぇっ!!」

「何事じゃ?」「なんか分かんないけど走れって」

「わーーっ!?」「なんですかぁ?」

「きゃーー!」「何なのでござるか!?」

「拙者は何故走ってるのか分からんのでござるー!」

「アン・ワンッ! わしゃ時々おみゃーを見に来るでな」「その調子でしっかり鍛錬しておくっちゃ!」「気を抜くんでにゃーだよ!!」

※ワン・アンは王宮随一の武者でありグフフ王子の乳母です(ガンザニア王朝では王子の乳母はオスが務めます) 詳しい猫間関係は「スタートリックシリーズ」でご確認下さい。

2018-04-25 20:21