239.スットコランド建国記念日

 おデン様が女王に即位してから、のどかな日々が続くスットコランド。

 女王様がアザラシのように転がっていられるのも、平和の証でございますね。

「誰がアザラシじゃ」「こう見えてもわらわは国の統治について、いつも頭を痛めておるのじゃぞ」
 今日は建国記念日ですが何かしなくてよろしいのですか?

「なにっ!? 我が国に建国記念日などあったのか?」ハイ。3年前にこのブログが始まったのです。「おお! では旗を上げるのじゃ」

 スットコランド国旗「猫色十字」上げました!

「あとはお前達で良きにはからえ」「ヨキって誰ずら?」「何を測るんですか?」「オラ体重はかるのはヤダっ!」「僕は測ってもいいけど⋯」「お前達もう下がって良いわっ!!」

 では女王様のお言葉をいただきましょう。「スットコランドはわらわが居る限り安泰じゃ! 以上っ」それだけですかぁ? 何か国民にお話は?「あの怠け者の乳母がよく3年もブログを書き続けたものじゃな。我が国は大丈夫でも乳母はいつ止めるか分からんぞ。何しろ今までどれだけ⋯」あの、ママがもうお話は結構と言ってます。

 これからも「ぶんぶんキャッツ」を よろしくお願いしまーす!

2019-10-23 17:55 

202.女王様に栄光を!

 今日は我らがスットコランド女王“デニース・オーデン様”の誕生日なのでございますが⋯。「わらわはもう歳を取りたくないのじゃ」「誕生日は中止じゃ」

「誕生日なくなっちゃうんですか!?」「国民はお祝いを楽しみにしていますよ」「パーチィしにゃいのけ?」「ご馳走は出ないのでござるか」

「代わりにすべての猫を祝う“猫の日”にしようと思うのじゃ」

「素晴らしいご提案です」「僕もお祝いできるんですね」「ご馳走が出るのでござるな」「いんじゃね〜」

「猫の日バンザーイ!」「バンザーイ!」

「でもぉ⋯」「猫の日ならずっと前からあるわよっ」

「なんじゃと!?」「わらわに断りもなく勝手に制定したのは誰じゃ!」

「そなたか?」「私ではありません」「旦那さんが怪しいですね」「オカンじゃねぇのか?」違いますっ!

「まぁ良いわ」「すべての猫がシアワセならそれで良いのじゃ」

「すべての猫に栄光をぉぉ!!」「オーーッ!!」

「女王様に栄光をぉぉぉ!!」

2019-02-22 19:11

186.女王様と従者たち

 おデン様はいつも のほほんとしていて、悩みがあるようには見えません。「何を言うか! わらわの苦労が分かっておらんの」「我が国はスットコランドと言うだけあって、我が家臣にもスットコドッコイしかおらぬのじゃぞ」

「コバンはわらわが休んでいるあいだ しっかり警戒しておったのか?」「ははっ! 拙者に抜かりはありませぬ」

「どのように抜かりなく警戒しておったのじゃ?」「結界を張り巡らせて誰も出入り出来ぬようにしたのでござる」「⋯それをやると わらわも出られぬのではないのか?」「えっ!オーデン様そこからお出になるのでござるか!?」「⋯⋯」

「ダンゴ 本日の状況報告をせよ」「はい!国内に特に変わったところはー、その、あのー、そこで飛んでいるものは何でしょうか?」

「お屋形様見て下さい!白いヒラヒラしたものが飛んでますよ」「ダウンベストから出た破片ではないのか?」

「わー!面白いだなぁ。あれは何ずら?」「ふわふわ浮かんでいるだよぉ」「だからダウンの破片だと⋯」「やれやれ⋯こやつらが わらわの親衛隊とはな」

「おお!門番帰ったのか?」「わらわは大変じゃったのだからな。苦しゅうないぞ。気がすむまで撫でるが良い」
 大変だったのは出張に行っていたパパの方なんですけどね〜。

2018-11-12 21:41