308.配管清騒祭りだにゃ

 のどかな昼下がりに、彼等は突然やって来ます。

「あれは何ですか!?」「みんな早く逃げるずら!!」

「例の“なまはげ”とかいう者共かっ?」「大声で“火事です!火事です!”などと叫びながら猫を追い回す祭りじゃ」それは消防点検でしょ。

「何者でしょう」「排水管清掃だなっ」

「匂いをチェックして情報データを取っておきます」ガンちゃんはいつも落ち着いていますね。

 ゴンゴンは興味津々で覗きに行きました。「ちゃんとオシゴトしてるかぃ?」

 ボンにゃんはコタツの中に隠れます。「だってきっと猫の誘拐犯よっ!武器持ってるもん」違います。

 ゴンはいつの間にかオヂサンに懐いて、ズリまくっていますよ。

「そのような危ないマネをして大丈夫でござるか?」「地獄に吸い込まれそうな音のする怪しい管を持っておりますぞ!」吸い込んでるんじゃなくて出してるの。配管をキレイにしてるのよ。

「もう大丈夫ですかぁ?」「拙者の霊力に恐れをなして去ったようでござる」違うでしょ。

「ちょっとだけ焦っちゃいましたね」「お、オラはヘーキだっただよぉ」
 ホントかしら〜。

2021-03-05