307.いつもニャンにゃんニャンコの日

 おデン様ご機嫌ナナメになっておられます。「オスどもが、ぐるぐるワールドなどとアホな催しを開いている間に、猫の日(おデン様の誕生日でもある2月22日)が過ぎてしまったのじゃ」「わらわが国民に挨拶する日だったのに、また出番がなかったではないか」

「えっ!?また長い挨拶をなさるのでござるか」「今度は何時間でしょう」「オラは聞きたいけど⋯」「アタチ知らなーい」

「挨拶はもうどうでも良いのじゃ」「皆で祝おうと思っていたのに、乳母が何も用意しなかったのじゃ」忘れてた訳じゃないみたいですよ。

 インスタにはちゃんとポストしてたし⋯。

 猫の日記念に“猫魂コレクション”も増やしたそうです。

「猫の日を言い訳に乳母の趣味で買っているだけであろう?」

「我々はいつものご飯で、何ももらえなかったではないか」

「オレがこの箱をプレゼントしてやってもいーんだぜ」ゴンゴンそれアンタの物なの?

「この袋で良ければあげるわよっ」「こちらに新しい袋もあるでござるよ」そっちはパパのでしょ。

 パパもチーズをくれましたね。「残ったら僕が片付けてあげますから〜」

「祝日がなくとも、いつもそんなに悪い日ではないな」そうですよ。

 スットコランドは毎日が猫の日なんですから〜。

2021-02-26

258.にゃん・ニャン・にゃんでじゃ~?

  おデン様 朝から少し御機嫌ナナメです。

「今日は何の日か知っておるか?」「わらわの誕生日⋯つまり猫の日なのじゃ」そうでしたね。去年から誕生日をやめて、すべての猫のお祝いの日に決めたんでしたね。(注・元々猫の日です)
 とりあえず国旗を掲揚しましょう。

※スットコランド国旗「猫色十字」は、すべての猫の幸せを願って作られました。

「大事な行事なのに、乳母が何も用意しようとしないのじゃぞ」「アタチ様子見てきまーす」

「コバンどうじゃ。動きはあったか?」「殿も奥方様も忙しそうでござる〜」「ふたりともボケ気味でござりますから忘れておいでなのでは?」よりによってコバンに、ボケって言われたくないですねー。(パパの会社の税務申告でバタバタしてるみたいです)

「結局いつものご飯ではないか」「オラ腹へったからコレ食うだよー」

「美味しそうなもの盗んじゃいましょうよ」ダンゴくーん いけませんよー。

「パーティがないと退屈です」「新型コロナで自粛なのでしょうか」ママはくしゃみと鼻水がひどくてお疲れだしねー。

「もう良いっ!」「乳母が来なくても わらわにはクママがいるのじゃ!」でもそのクマも、ママからのプレゼントじゃなかったかしら。

「つまんねーから みんなでイタズラしちゃおぅぜぃ!」

 こらゴンゴン! やめときなさいよっ!!

2020-02-22 21:22 

202.女王様に栄光を!

 今日は我らがスットコランド女王“デニース・オーデン様”の誕生日なのでございますが⋯。「わらわはもう歳を取りたくないのじゃ」「誕生日は中止じゃ」

「誕生日なくなっちゃうんですか!?」「国民はお祝いを楽しみにしていますよ」「パーチィしにゃいのけ?」「ご馳走は出ないのでござるか」

「代わりにすべての猫を祝う“猫の日”にしようと思うのじゃ」

「素晴らしいご提案です」「僕もお祝いできるんですね」「ご馳走が出るのでござるな」「いんじゃね〜」

「猫の日バンザーイ!」「バンザーイ!」

「でもぉ⋯」「猫の日ならずっと前からあるわよっ」

「なんじゃと!?」「わらわに断りもなく勝手に制定したのは誰じゃ!」

「そなたか?」「私ではありません」「旦那さんが怪しいですね」「オカンじゃねぇのか?」違いますっ!

「まぁ良いわ」「すべての猫がシアワセならそれで良いのじゃ」

「すべての猫に栄光をぉぉ!!」「オーーッ!!」

「女王様に栄光をぉぉぉ!!」

2019-02-22 19:11

142.ニャン・ニャン・ニャンじゃと!?

 今日は“猫の日”なのでしょうか? いいえ違いますっ! 2月22日は我らがスットコランド女王「デニース・オーデン様」のお誕生日なのでございます。スットコランド国民はひれ伏して崇めるが良いっ!! 国を挙げて盛大にお祝いいたしましょう。おデン様から直々にご挨拶をいただけます。

「すべてのスットコ国民はわらわの言うことを聞くのじゃ!」
「あとは好きにしてよろし」「へっ??」「お言葉はそれだけですかっ?」「何歳になったとか、これからの抱負とか⋯」「わらわの歳は国家機密じゃぞ。聞いてはならぬっ!」「ははぁっ。お許しを」

「わらわは朝から式典だのパーティだの、貢物を持って訪ねてくる客達の相手だので、すっかり疲れてしまったのじゃ」「この国はわらわがいる限り安泰である。だからもう終わりっ!」「へへ〜〜ぃ」

 おデン様はお休みになられました。おデン様がゆっくりと眠れる国なら、国民もまた安心して寝られるのです。めでたしめでたし。

2018-02-22 22:59