420.ペロンチョまつり・カワイイ編

 コバンは前回からずーっと舌を出したままのようですが⋯。

「まさか⋯拙者が舌を出しっ放しなどと⋯そんなハズはないでござるよ〜」

「陰陽師がうろたえては見苦しいですね」そういうガンちゃんだってママが触ってるのはなあに?「え?私に何か問題でも?」

「わらわはまさか出ておらぬな」「ぬぬ!?もしや⋯」「下を向いても見えぬから大丈夫じゃな」おデン様大丈夫じゃありませんよー。

「僕は出してませんて」「忍者はいつも抜かりなく⋯?」「うっ!出てるじゃないかぁ」ダンゴ君も緊張感ないですよー。

「ダンゴはアホねっ」アンタも出てるのよ。「ふんっ!アタチは鼻を舐める練習してたのよっ」ボンにゃんは鼻に届くようになリましたね。

「オレのはなげ〜だろぉ?」ゴンゴンはペロペロしながら動き回るので、ピントが合いません。

「オレ出てねぇもん」「出てねぇよな?」「え!出てる!?」気付いたみたいです。

「みんなおバカずら」ドンごろーが一番出てるんですけどぉ。

「オラはベロなんか出してねぇもん」「出してねぇずら〜」はいはい。舌出ししてても良いのよー。

2023-04-16

419.ペロンチョまつり

 猫達はたまに舌が出しっぱなしになってる事があります。

わらわはミルクを飲んでいる途中じゃ
ちゃんとペロペロしてから引っ込めるのじゃ
鼻を舐められないヤツなんかいませんよねぇ
アタチ⋯届かないかもっ
じゃ 舌伸ばし体操はどうよ レロレロレロロン
皆頑張っているでござるな

 コバンはまだ舌が出っ放しよー。

2023-04-08