388.クッションペーパー争奪戦

 猫の飼い主さんなら、時々届く宅急便は、猫様の物だと了解していますよね。段ボール箱はモチロン 中の緩衝材も、猫達のオモチャなのですよ。今日はママが、みんなの好きなクッションペーパーをくれました。

 まずコバンがお清めして行きます。

 交代でダンゴ君がチェックします。

 ドンごろーに気付かれて追い払われました。

 戻って来たコバンも追い出されます。

 独り占めしたドンごろーが、紙の感触を堪能していますね。

 ドンが飽きたようなので、ガンちゃんが匂いを嗅いでみたら、やっぱり怒られました。

 こちらはドンに攻撃されることはないおデン様です。「わらわは女王じゃ。当然であろう」

 それでも念の為しっかり護衛を付けていました。

 いつの間にかボンにゃんも居ますね。「アタチはドンなんか怖くないわっ!」

 スキを見てそーっと乗ってみたようです。

 そしてドンが爆睡してしまうと、ゴンゴンが現れて眠っていますよ。ムダな争いを避ける賢いヤツです。

2022-09-02

387.魂抜け開眼睡眠術・第三回演武会

 今回も“マムシの権三選手”が、白目招きで審査員の皆様をお迎え致します。

↓クリックすると大きくなります。

 寝返りを打ちながらも、必ず片目は開けておく高度な技を会得しています。

 “巣床の鈍五郎選手”はただいま冥界交信中。

「チラ牙開脚交信の形」も完璧です。

 よく見ると薄眼を開けて熟睡している“星空頑四郎選手”。

 暗いところで気付くとドッキリさせる目力の強さを持っています。

 そしてその頑四郎選手をドキッとさせたのは“小判蛮八選手”です。白目ならぬ黄目を剥いて「横四肢落とし脱力の形」をキメています。

 こちら“白玉小ぼん選手”は、ねっとりとした視線を投げて来ます。

 そして今回は完全参加(?)の“巣床院お伝選手”「⋯わらわは⋯寝て⋯お⋯ら⋯⋯」寝てます。イビキをかいておられます。

 “煙の弾九郎選手”は、「見張ってるフリ転がりの形」をさらに極めています。「僕⋯寝て⋯ない⋯⋯」寝てます。ハッキリ寝息が聞こえます。

「寝て⋯ませ⋯て⋯ば⋯」ニラんでますが絶対寝てます。

 一所懸命起きようとしてますが寝ちゃいます。無駄な抵抗はヤメて、開眼睡眠演武会に参加しましょう。

2022-08-26

386.ハイタッチできるかにゃ?

 ガンちゃんがママとハイタッチ遊びしています。「せっせっせぇ〜のヨイヨイヨイ」

 ダンゴ君はまだ訓練中です。「こうですか?」「こうですね?」

 真面目で熱心な子なので、パパにも毎日練習をせがみます。「ハイ」「ハイ」「ハイッ!」

 今度は立ち上がって一回転です。「タッチしてくるり〜ん」

 おかわりもちゃんと出来るようになりました。「みーぎぃっ!」「ひーだりぃっ!」

 ゴンゴンは利口なので、ダンゴの様子を眺めていただけで覚えます。「こーだろぉ?」「ホラよっと!」

 ボンにゃんのはどう見てもタッチじゃなくてぶちぶちです。「来ないでっ!」「あっち行ってよっ!!」

 おデン様のめんどくさそうなお手。「わらわは眠いのじゃ」

 ドンごろーはいくら教えても理解しません。「なんにゃ?」「なんかニオイするのけ?」

 コバンもまったくダメみたいです。「お清めが必要でござるか?」「どれどれ⋯」

「さっき清めたばかりでござるよ!?」「だからなんにゃよ〜!?」チューバッカ(ドン)とオーバッカ(バン)の2匹は、何年たっても芸をするのはムリそうですね。

2022-08-19

385.便座交換ってなんにゃ!?

 先週エアコン清掃の人が来たばかりなのに、また誰かが来ました。いつも真っ先に出て行くゴンゴンが、何故か動きません。

 代わりにガンちゃんが様子を見に行ったのですが⋯。

 時々ある工事や点検の人達とは違うみたいで、すぐに戻ります。

「何かがヘンです」「彼から機械音がしていますよ」「もしかしてヒト型ロボットなのでしょうか」違いますよ。アレ“空調服”って言うんだって。風を送って涼しくするモノを着てるのよ。「暑くないのに冷やすんですか?」今日暑くないのはアンタだけですっ。

 今回コバンは無事にクローゼットに逃げ込めました。

 ボンにゃんはまたコタツに入ったものの、不愉快そうです。

 奥にドンごろーも居たからですね。

 猫達は空調服のモーター音を警戒したらしく、オヂサンが帰るまで全く寄り付きませんでした。

 工事後のチェックも、まずガンちゃんが行います。「便座を交換したのですか」アンタ達の爪痕でバリバリになってたし、もう24年経って変色してたからね〜。

「やっと終わったのかよ」「こえ〜オヤジだったな」「なっ?」別に怖くはなかったですよ。

 おデン様が確認したら、すべてモンダイなく終了です。

 それにしても、働くオヂサン大好きゴンが、怯えてしまうのは珍しいです。テンションダダ下がりで落ち込んでいました。いつもそのくらい大人しくしてくれれば良いのにと、ママは言ってましたけどね。

2022-08-12

384.エアコン清掃ってなんにゃ!?

 パパが朝から書斎の荷物を次々運び出し、おデン様が不思議そうに眺めていらっしゃいます。「せっかく片付いていたのに何故また散らかすのじゃ?」人が立てるスペースを空けなきゃならないの。

 誰か来てガンちゃんが様子を伺っています。「初めて遭遇する人種ですね」

 エアコンの吹き出し口から奥にカビが見えていたので、清掃のプロを呼びました。書斎は大きな棚に阻まれて、ママにはキレイに出来ません。邪魔な物を移動するのが大変で、買ってから一度もマトモに掃除していなかったのです!!(自動清掃機能付き)夏の盛りに頼む家は無いようで、すぐに予約が取れましたよ。

「女王陛下は僕がお守りいたします」ダンゴ君が警備体制に入りました。「しっかり見張るのじゃ」おデン様は落ち着いておられます。

 ゴンゴンは喜んで早速イタズラを始めます。「イェ〜イ!」「こらこらっ!」

 ガンちゃんも興味津々です。

 ゴンはママに怒られても、道具チェックに余念がありません。匂いを確かめています。

 こちらはクローゼットに飛び込んだドンごろー。「お、オラ隠れてるわけじゃねぇずら〜」ドンは初対面の人が苦手です。

「拙者 遅れをとってクローゼットをお屋形様に取られてしまったのでござる」コバンは家具の奥に潜んでいました。

 ボンにゃんはコタツの中に入っていますね。「まだ終わらないのかしらっ」

 予定時間は3時間です。猫達は途中で飽きてしまい、それぞれ休憩体制です。

 2時間40分後、ダンゴ君が熟睡してしまった頃、お掃除もカビ除けコーティングもして、リモコンまでピッカピカになって、すべての作業完了です。これで安心してエアコンが使えますが、これから荷物を書斎に戻さなければならないのでした。(現在もお片づけ中)

2022-08-05