384.エアコン清掃ってなんにゃ!?

 パパが朝から書斎の荷物を次々運び出し、おデン様が不思議そうに眺めていらっしゃいます。「せっかく片付いていたのに何故また散らかすのじゃ?」人が立てるスペースを空けなきゃならないの。

 誰か来てガンちゃんが様子を伺っています。「初めて遭遇する人種ですね」

 エアコンの吹き出し口から奥にカビが見えていたので、清掃のプロを呼びました。書斎は大きな棚に阻まれて、ママにはキレイに出来ません。邪魔な物を移動するのが大変で、買ってから一度もマトモに掃除していなかったのです!!(自動清掃機能付き)夏の盛りに頼む家は無いようで、すぐに予約が取れましたよ。

「女王陛下は僕がお守りいたします」ダンゴ君が警備体制に入りました。「しっかり見張るのじゃ」おデン様は落ち着いておられます。

 ゴンゴンは喜んで早速イタズラを始めます。「イェ〜イ!」「こらこらっ!」

 ガンちゃんも興味津々です。

 ゴンはママに怒られても、道具チェックに余念がありません。匂いを確かめています。

 こちらはクローゼットに飛び込んだドンごろー。「お、オラ隠れてるわけじゃねぇずら〜」ドンは初対面の人が苦手です。

「拙者 遅れをとってクローゼットをお屋形様に取られてしまったのでござる」コバンは家具の奥に潜んでいました。

 ボンにゃんはコタツの中に入っていますね。「まだ終わらないのかしらっ」

 予定時間は3時間です。猫達は途中で飽きてしまい、それぞれ休憩体制です。

 2時間40分後、ダンゴ君が熟睡してしまった頃、お掃除もカビ除けコーティングもして、リモコンまでピッカピカになって、すべての作業完了です。これで安心してエアコンが使えますが、これから荷物を書斎に戻さなければならないのでした。(現在もお片づけ中)

2022-08-05

383.すりすり天国

 ガンちゃんがママの手にスリスリしています。

 ドンごろーは招き猫しながらスリしています。

 ボンにゃんは通りすがりにスッて行き⋯。

 伸び上がってスッて行く時もあります。

 ダンゴ君は行ったり来たりよじ登ったり。

 ゴンゴンはまずほんの少し頭突きしてみます。

 放っておいたらアピールが激しくなりました。

 おデン様も重量感のある頭突きを繰り返し⋯。

 わざと乗り越えて行くのも“猫あるある”ですね。

 足の間をスリ抜けて来たのはコバンです。 

 パパにも控えめなスリスリをして⋯。

 ついに足の上に座り込んでしまいましたよ。

 みんな何をして欲しいのかと言うと、ママに構ってもらいたいんですね。
 だからまた「もふもふ天国」に戻ります。

2022-07-29

382.もふもふ天国

 ぶんぶんキャッツでモフモフと言えば、まずはドンごろーです。まあるい体格とモコモコの毛並みが、モフりがいある手触りです。

 このようにモフられている間は、静かにしているのも高ポイントですね。

 逆に、なんとかモフを避けようとしているのが、ガンちゃんです。

 タライに逃げ込んで、ヤメてくれるようお願いしています。細い体に細い被毛で、刺激が強すぎるのでしょうか。

 おデン様も、お腹モフモフはお嫌いです。顎の下や頭の後ろをモフるよう要求なさり、気に入ると微笑んで下さいます。

 ボンにゃんは、パパ以外が近づくのを怒る子です。このように舐めてくれたりするのは、とても珍しいんですよ。ご機嫌が良かったみたいですね。

 コバンも大人しくしています。脂肪たっぷりの胴回りが、ミンクのようなたまらない感触ですよ。

 ダンゴ君は太めでモカモカのモフ向き体型なのに、落ち着きがないので触れません。ノビノビしたり転がったりして、少しもジッとしていないのです。

 一方ゴンゴンは、ママには絶対逆らいません。されるままにガマンしています。

 ママに抵抗するとイタイ目に遭うのを、ちゃんと学習しているんですね。いつもこのくらい良い子なら、怒られなくて済むのにね〜。

2022-07-22

381.四度目接種もぐったり

 ママは四度目のワクチン接種に行って来ました。また違う会場です。レトロ(?)なビルなので写真を撮りたかったけれど、大勢の誘導員が待ち構えておりスキがありません。ちょっとでも遅れるとすかさず声掛けされます。順路を外れたら、何かマズイものでも隠されているのでしょうか。

 駅の周りにはどんどん高層ビルが増えています。この間までは無かったハズが、いつの間に建てているのでしょう。不思議ですね。

 それにしてもママのワクチン接種の度に雨が降ります。それも大雨です。せっかくの大雨(!?)ですから、このような時は通ってはいかんと言うアンダーパスに向かいます。

 思ったほど水が溜まっておらずガッカリですね。

 猫浦には新幹線やモノレールが通っており、場所やアングルによっては、ちょっとした未来都市のようにも見えたりします。

 途中に花が咲いていたので撮ってみます。ママの感覚では全ての植物は「なんかの花」「なんかの草」「なんかの木」に分類されます。たった3つで全てを網羅できる素晴らしいシステムなのです。

 花の撮影は珍しいことなのに、駅への抜け道で人通りが多く、どうしてもニンゲンが入ってしまうのです。すぐにヤル気消失です。ヤル気を出すのは大変でも、なくす方ならあっという間です。

 ここはゲーム関連の会社の前で(namco)、派手な照明に中を覗いてみたくなります。

 ママはゲームをほぼ知らないので、何の機械か分かりません。ここでもすぐに興味を失い、すごすごと帰ります。あまり覗き込んでいると中の人に人に気味悪がられるし、腕が痛くなって来たのです。

 この後倦怠感が36時間程続きました。

「大丈夫でござるか」「どっか行ってたのけ?」「オカン遊ばね?」「どうしたのじゃ」猫達に心配かけてしまいました。

2022-07-16

380.ベタベタべったり

 今日も朝からゴンゴンが、ママを大声で呼び続けています。「オカ〜ン オカン!」「オレを抱っこしてもいいんだぜぃ!」「今忙しいからね」ゴンは一番年上なのに、一番甘ったれなのです。「暑いんだからあっち行きなさい」「オレは全然平気さっ」「オカンにピッタリくっついててやるよぉ」暑苦しくてありがたメーワクです。

「オカーン!」「オカンてばさー!」家中追い掛けて来てまとわり付いて、たまりません。

「オレここにいるよ」「オレいるんだよー!」「オレを抱っこしたいだろぉ?」ゴンはしつこさがハンパないのです。

 あまりにうるさいので耳を掴まれました。しかしつまみ出されても、速攻で戻って来ますよ。「オレ オカンに抵抗はしねーの」

 そしてまたすぐに邪魔をします。「オカン オレここに居るって知ってる?」「そこに居るとモニターが見えないでしょ」顔をずんずん突き出して迫ります。「オレここっ!!」

「オカン⋯」「オカン⋯?」 いつまでも構ってもらえないと、他の猫をイジメるかイタズラを始めます。仕方ありません。いつもママが根負けします。

 膝に乗せてもらったのに、さらに抱き上げてくれるようせがみます。「オカン抱っこー」「お願いだからさー!」騒ぎ続けてうるさくてくつろげません。

 抱きかかえてもらって、思う存分肉球チュバチュバしたら、やっと満足したようです。

 ママと一緒にしばらくTV見物して、気が済んだらどこかに寝に行きます。自分の睡眠は絶対邪魔させないヤツなんですよ。

2022-07-08